ぎっくり腰になったら温める?冷やす?

公開日: : ぎっくり腰の改善策

ぎっくり腰になったら冷やす

ぎっくり腰になったら、その炎症している部分を温めようか、冷やそうか迷うと思います。

これはどちらがいいかというと、どちらも正解ではあるのですが、ぎっくり腰になった当初は、「冷やす」方が適切です。

温めるのは、炎症が大分おさまってきた頃にしておくといいです。

ぎっくり腰になったらなぜ冷やす方がいいのか

ぎっくり腰になった時、温めるよりも冷やした方がいいわけは、炎症しているからです。

炎症しているという事はつまり、熱を帯びているという事ですので、もしもここで温めてしまったら、炎症部分にさらに熱を加えてしまう事になりますので、炎症が悪化してしまう恐れも十分に考えられます。

このような事がないように、ぎっくり腰になった当初の炎症がひどい時には、できるだけ冷やすようにし、炎症部分の熱を取り除くようにしましょう。

ぎっくり腰になった時の最初の手当は、まずは炎症部分の熱を冷ます事です。これをしなければ、いつまでも炎症がおさまらずに痛みもなかなかひきません。

ぎっくり腰になった時の冷却方法

ぎっくり腰になった時は冷やすのがいいとされていますが、冷やす時には、きんきんに冷えたアイスパックなどを長時間あててしまうのはよくありません。

湿布療法が一番いいのですが、湿布も長時間つけっぱなしはいけませんし、つけたまま寝てしまうというのもすすめられません。

湿布を貼って治療する時には、3時間前後としましょう。

関連記事

no image

ぎっくり腰の痛み止めについて

痛み止めを使うとぎっくり腰は和らぐ ぎっくり腰になった方でしたらお分かりの通り、ぎっくり腰というの

記事を読む

no image

温泉治療はぎっくり腰にも効くの?

温泉で治療しよう ぎっくり腰には、温泉治療もいいと言われています。 温泉というのは、本来美容や健

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
温泉治療はぎっくり腰にも効くの?

温泉で治療しよう ぎっくり腰には、温泉治療もいいと言われています。

no image
ぎっくり腰の痛み止めについて

痛み止めを使うとぎっくり腰は和らぐ ぎっくり腰になった方でしたらお分

no image
ぎっくり腰になったら温める?冷やす?

ぎっくり腰になったら冷やす ぎっくり腰になったら、その炎症している部

no image
くしゃみでぎっくり腰になる原因

くしゃみしただけでもぎっくり腰になってしまう ぎっくり腰になって

→もっと見る

PAGE TOP ↑