ぎっくり腰の時は、自宅で安静にするべき?

ぎっくり腰はどのような時になるのか

皆さんは、ぎっくり腰になった事はありますか?

ぎっくり腰というと、ご高齢の方がなるというイメージがありますが、日常生活の中で、腰がギクっと痛んでしまう事は、意外と若い方でもある事です。

重たい荷物を持った時や、普段運動不足の方が、急に激しい運動を始めてしまった時なども、運動中にぎっくり腰になるケースがよくあります。

また、腰回りの筋肉や関節を変にひねってしまい、ギクッと痛めてしまう事もあります。特に無理な体制をしていたわけではないのにも関わらず、力を抜いたタイミングで腰に力が入らなくなってしまうといった人も相模原 整体の患者さんでいたそうです。そういった何気ない日常生活でも簡単にぎっくり腰になってしまう人もいるんですね。

ぎっくり腰になった時になった時に大事な事とは

ぎっくり腰になった時には、まずは安静にしておく事が大切になってきます。名古屋 RUNWAY接骨院の先生は「安静」にするほか運動なども勿論避けるべきであり、家の中で横になっていたり、歩く時もゆっくりと歩くようにするなど、できるだけ腰の筋肉を動かさないような過ごし方が一番と言います。なぜならば、ぎっくり腰は、腰の痙攣ともいうように炎症を起こしてしまっている状態なんです。ですから、動かず大人しくしているのが一番ということですね。

ぎっくり腰の時はまずは安静になってみる事、それでも改善されないようであれば、腰痛ベルトを用いてみたり、病院に行ってみるといいでしょう。平塚 整体でも、下手に処置をしないで、まずは安静にする事で様子を見てみることをお勧めすることもあります。状態によっても異なりますが、炎症を起こしているときにいろいろしてしまうのは、良くない場合もあるからです。

ぎっくり腰の治し方

ぎっくり腰の治し方はいくつかあります。病院に行けば、適切な薬や治療法を教えてくれますが、病院に行かずにも治せるケースは非常に多いです。

ぎっくり腰の程度が軽ければ、安静にしているだけでも、3日以内で治ってしまうケースもあります。

程度がひどい場合ですと、安静にしていても痛みは治らないばかりか、逆にひどくなってしまう事もありますので、そのような時は家での治療ではなく、早めに病院に訪れるようにしてみて下さい。


公開日:
最終更新日:2014/12/02

no image
温泉治療はぎっくり腰にも効くの?

温泉で治療しよう ぎっくり腰には、温泉治療もいいと言われています。

no image
ぎっくり腰の痛み止めについて

痛み止めを使うとぎっくり腰は和らぐ ぎっくり腰になった方でしたらお分

no image
ぎっくり腰になったら温める?冷やす?

ぎっくり腰になったら冷やす ぎっくり腰になったら、その炎症している部

no image
くしゃみでぎっくり腰になる原因

くしゃみしただけでもぎっくり腰になってしまう ぎっくり腰になって

→もっと見る

PAGE TOP ↑